勉強道具

小学校受験の必勝法で絶対合格を目指そう!

医師になるための受験

女性の先生

偏差値の高い受験生しか合格できない医学部を受験するには、専門予備校に通うと効果的です。医学部の受験問題の傾向を分析したうえで、講義が展開されるため応用力が身に付きます。この応用力こそが、合格へと導いてくれるのです。

もっと読む

お受験の豆知識

ボーイ

お受験の基礎知識

人が受ける義務教育の最初の集団は小学校です。その小学校を、居住地によって決められた学区の小学校ではなく、各々のご家庭の教育方針や子供の適正に合った小学校に入学を希望する志願者を対象に行われるのが、小学校受験です。小学校受験の考査を行う小学校は大きく分けて「国立大学附属の小学校」と「私立小学校」の2つに分類されます。国立大学附属の小学校は学費がそれほど高額でないのに対して、私立小学校は各学校により学費が異なります。また小学校受験の時期は、中学校受験や高校受験と違って、居住地によって若干のズレはありますが、本番は秋です。考査の日程は、都道府県やその中でも各学校によって異なるものはありますが、9月を皮切りに遅いところはクリスマスごろまで結果を待つ学校もあります。

受験を決めるポイント

国立大附属の小学校受験の場合、「くじ引き(抽選)」というシステムを用いている小学校がほとんどです。このくじ引きは、考査の一番最初に志願者全員に行う小学校もあれば、一番最後まで選抜された受験生に対して行う小学校もあります。また、最初と最後の計2回くじ引きを行う小学校もあります。ペーパー、運動、行動観察といった主な考査の他に、待機姿勢を見たり面接を行ったりする小学校もあり、国立大学附属の小学校の準備と私立小学校の準備は、ほとんど大差なくされた方が安心ですし、また万端に整える必要があるでしょう。「とりあえず自宅で勉強していればいいかな」とか「くじ引きがあるなら運だから」と考えて漫然と準備をするのは少し足りないものがあるかもしれません。また昨今の小学校受験での評価は、国立大附属小学校、私立小学校にかかわらず、行動観察に重きを置く傾向があると思われます。集団の中での対応、お友達や先生との関わり方などを見られているのでしょう。入学後の学校生活に適応できるかどうかについて時間をかけて考査行われますので、しっかり準備をして臨みたいものですね。そのため幼児教室に通うのがおすすめです。幼児教室によっては小学校受験の対策を行っているところがあり、そこで受験のサポートを受けるのがいいでしょう。教室のスタッフは各小学校の出題傾向をデータでまとめているので、志望校に焦点を絞った受験対策ができます。

動物を守る仕事に就く

犬と医師

獣医になる道は狭く難しいものです。そこで獣医学部に合格するために学力を向上させるために予備校を選択する人も増えてきています。近年では医学部を志望する人の予備校に一緒に入学できたり、獣医学部専門の予備校も開設されています。

もっと読む

個別学習の魅力とは

男性とガール

尼崎でも増えていふ個別指導の学習塾は、生徒自身で学ぶ力をつけることができることも人気の理由です。単に試験を突破することが目標ではなく、自身の能力を高めることも目的となるために、社会人になってからも役立つと評判になっています。

もっと読む